模型とグラフ

不動産投資信託をするなら|リスクに気をつけよう

外国人旅行者をもてなす

集合住宅

空前の日本ブームにより外国人旅行者の宿泊先が足りない状況です。最近旅館業法が緩和されたことにより受け入れられるようになったairbnbは、大阪市でも利用が広がるでしょう。airbnbではホストの対応が重要なのでノウハウを学ぶべきです。

詳細

空き自宅で賃貸契約

電卓

グローバル化の社会により海外転勤する人などが増加しています。自宅を持っている人は自宅を有効活用する方法としてリロケーションがあります。賃貸契約をして貸し出すため、家賃収入を得ることが可能になります。ローンの返済などの足しにすることが可能になるのです。

詳細

賃貸物件の管理

握手

賃貸物件の管理には、借り手を探したり家賃を請求したりといった、多くの手間がかかります。しかし昨今では管理会社に、家賃収入の3〜5%ほどの料金で賃貸管理してもらうことが可能となっています。家賃の滞納保証制度があったり、空室の時には管理料金が発生しなかったりするので、多くの人が利用しています。

詳細

複数銘柄保有しておこう

マンション

リスクは分散しておこう

上場不動産投資信託を保有するのであれば、1つの銘柄に集中して投資をするのではなく、いくつかの銘柄に分散して投資をするとよいです。その理由は3つあります。1つはリスク分散です。上場不動産投資信託にはオフィスビル系の銘柄、マンション系や商業施設系、物流施設系の銘柄などいろいろなものがあります。これらはそれぞれに特色を持ち、同じ不動産投資といっても、異なった性質を持っています。そのため、保有物件種類の異なる銘柄を複数保有することで、安定した収益に繋げることができるのです。2つ目の理由は分配金収入をもらえる回数が増えるということです。上場不動産投資信託の多くは決算月の約2ヶ月半後くらいに分配金を支払います。

合併を期待しよう

つまり、決算月の異なる銘柄を多く保有すれば、分配金をもらえる月も複数発生するということです。保有している上場不動産投資信託のいずれかが1月から12月の全ての月で決算を行っていれば、毎月、分配金をもらうこともできるようになるのです。3つ目の理由が上場不動産投資信託同士の合併の際に、大きな恩恵を受けられるということです。上場不動産投資信託も企業と同様に合併をすることがしばしばあります。合併をすれば、資産規模が大きくなり、コストパフォーマンスがよくなります。これにより将来、分配金が上昇する期待が持てます。そのため、合併を発表した際に投資口価格が上昇するケースもあるのです。これを先回りして仕込んでおけば、まとまったキャピタルゲインを得られる可能性もあります。