赤い家の模型

不動産投資信託をするなら|リスクに気をつけよう

賃貸物件の管理

握手

所有している不動産を、賃貸物件にすることで利益を得ている人は、多くいます。しかし賃貸物件で利益を得るためには、管理が必要不可欠となっています。まずは借り手を探し、借り手の人柄や収入などを確認し、貸すことが決まった場合には、毎月の家賃はもちろん敷金や礼金なども請求しなければならないのです。貸しに出す物件が多いほど、こういった賃貸管理には多くの手間がかかるようになります。それが困難ということで、貸しに出すこと自体をあきらめる人もいるのですが、現在ではそういった人のために、賃貸管理サービスをおこなう管理会社が増えています。家賃収入の一部を支払うことで、借り手を探すことも家賃などの請求も、全て任せることができるのです。支払いは一般的には、家賃収入の3〜5%ほどとなっています。

また、賃貸管理サービスでは、借り手とのトラブルにも対応してもらうことができます。たとえば借り手が家賃を滞納した場合には、回収してもらえるのです。さらに、滞納保証制度を設けている管理会社もあります。どうしても借り手が家賃を支払うことができないという場合に、管理会社の方で、その一部あるいは全額を立て替えするのです。この場合、賃貸管理を任せる側は、管理料金を支払ったものの、家賃を受け取ることができないといったことがありません。そのため多くの人が、安心して賃貸管理を任せることができています。さらに、借り手が退去して空室となった場合には、新しい借り手が見つかるまでは管理料金を発生させないという管理会社もあります。このことも、支出が増える一方にならないという安心材料となっています。