赤い家の模型

不動産投資信託をするなら|リスクに気をつけよう

空き自宅で賃貸契約

電卓

管理会社選びが重要

サラリーマンには転勤がつきものです。特に最近ではグローバル化社会により海外に長期赴任するケースも少なくありません。自宅を持っている場合、その自宅を長期間の留守中に有効活用する仕組みがリロケーションです。家賃収入を得て賃貸契約を行う事で自宅の空き家時間を少なくすることが目的です。住宅には人が生活していないと劣化が進みます。しかし人が暮らすことで住宅の劣化を防止できるメリットがあります。リロケーションを行うには、取り扱っている管理会社に契約をする必要があります。賃貸契約を成功させるかどうかは管理会社の力量にかかっています。そのため実績のある経験豊富な管理会社を選択することが大事になります。リロケーションの成功は管理会社にかかっているのです。

長期間であれば利用すべき

契約期間はその赴任期間を通じてあらかじめ決めることができます。そのため一度決めた契約期間を変更することはできません。予定より早めに赴任期間が終了しても、途中で契約を解除することはできなく、近隣の賃貸住宅などに住むことになります。期間は基本的に一年単位です。そのため一年未満の契約はできないのですが、一部取り扱っている管理会社もありますので、あきらめずに相談することが大事です。家賃は基本的に相場より低く設定されることになる他、管理会社に一定の管理料を支払うことになります。そのため家賃収入として手元に入る金額は少なくなりますが、リロケーションすることにより、住宅ローンの返済の足しにしたり、副収入とすることも可能になるのです。