矯正歯科にかかる費用や装置の種類を知ろう

実はたくさんある矯正装置

矯正装置と聞くと、多くの方が金属ブラケットを想像するでしょう。現在も矯正治療を受ける方で金属ブラケットを選ぶ方が多いです。ですが、金属ブラケット以外にもさまざまな矯正装置があることをご存じでしょうか?ここから、金属ブラケットの種類とそれぞれの特徴を紹介していきます。

矯正装置の種類

金属ブラケット

矯正装置の中でも一番利用者が多いのが、金属ブラケットです。矯正装置の中でも、丈夫でさまざまな症例に対応してきています。他の装置では対応できないようなものでも、対応している上に安いというメリットがあります。

審美ブラケット

金属ブラケットを目立たなくしたような見た目をしています。審美ブラケットに使用される素材にもいくつか種類があります。透明なものだと、目立ちにくい上に、金属を使用していないのでアレルギー持ちの方でも利用することができるでしょう。

裏側矯正

表側に付けてしまうブラケットを内側に装着して目立ちにくくした装置です。周囲の人に気付かれにくいというメリットがありますが、複雑な矯正装置になるので、治療費が高くなってしまうでしょう。

セルフライゲーションブラケット

他のブラケットより、摩擦力を少なくして痛みを軽減することを目的に作られた矯正装置です。少しだけ大きく目立ってしまうというデメリットがありますが、その分痛みが少なくて済むので、見た目を気にしない人におすすめできます。

インビザライン

インビザラインは、ワイヤーを一切使わずマウスピースを使用して矯正を行います。透明なので、目立ちにくいというメリットがあります。また、簡単に取り外すことができるので、食事の時に食べかすなどがついて心配がありません。デメリットとしては、ワイヤーブラケットに比べると、対応している歯並びが少ないといえます。

矯正歯科にかかる費用や装置の種類を知ろう

医療器具

矯正にかかる費用はどのくらいか

矯正は、自由診療に分類されているので、保険が適用されません。なので、保険が適用される治療に比べると高くなってしまいます。先程紹介したように、矯正装置の種類はたくさんあります。使用する矯正装置によって費用が変わります。また、大阪や名古屋などの都心部の歯医者では、費用が高くなる傾向にあります。そういった点を踏まえて大体の費用を計算すると、100万円前後になります。

矯正に時間がかかる理由

人間の骨は、毎日のように壊れては再生してというのを繰り返しています。これは骨の代謝と呼ばれています。骨の代謝を利用して、毎日少しずつ歯を支えている骨を動かしていきます。なので、治療に数年という長い期間を要してしまうのです。

矯正をするなら子どものうちがおすすめ

子どもは、まだ骨が完成しきっていません。なので、歯を支えている骨が動きやすいです。大人に比べると矯正に要する期間がとても短くてすみます。矯正期間が短くなるということは、費用も安くなります。すでに大人になっている方は、長い時間を掛けて矯正する必要がありますが、お子さんの矯正を考えているのであれば、今のうちに治療した方がいいでしょう。

気になる痛み

矯正歯科には痛みを伴うというイメージを持たれている方が多いです。実際に体質によって差はありますが、痛みや違和感を感じる方は多いです。ですが、それは初めのうちだけで、矯正装置をつけて数日たてば、ほとんどの方は痛みが消えていくと言われています。なので、矯正装置をつけている間ずっと歯が痛むということはないので、安心してください。

広告募集中